がんばりすぎない きれいレシピ Vol.4

おいしい抗酸化ごはん
にんじんのすりおろしピラフ

にんじんをすりおろして
炊けばOK!

にんじんには抗酸化成分のβカロテンが豊富。βカロテンは脂溶性で、油と一緒に食べると吸収率が上がります。そしてβカロテンは体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは肌や粘膜を健康に保ちます。

にんじんのすりおろしピラフ

材料(2人分)

1合
1カップ
鶏ひき肉
100g
にんじんのすりおろし
小1本(100g)
玉ねぎのみじん切り
1/4個
バター
10g
小さじ1/2
黒コショウ
少々
パセリのみじん切り
少々
  1. 米を研いで水をきり、鍋に米と水を入れて30分おく。
  2. 塩・黒コショウを加え軽く混ぜ、バター、にんじんのすりおろし、玉ねぎのみじん切りを入れる。鶏ひき肉は指先でつまんでまとめ、落とす。
  3. 火にかけて鍋が熱くなったらふたをして、中火で時々かき混ぜながら10分炊き、火を止めて10分蒸らす(炊飯器で炊いてもよい)。器に盛り付け、パセリのみじん切りを散らす。

ゆで卵とベビーリーフのサラダ

材料(2人分)

2個
ベビーリーフ
30g
塩、酢、オリーブオイル
適量
  1. 卵は冷蔵庫から出してすぐに、沸騰した湯で8分茹で、水に入れて冷ます。ベビーリーフは冷水に10分ほど入れ、水気をよくきる。
  2. 卵を4つ割りにし、ベビーリーフと器に盛り付ける。塩、酢、オリーブオイルをかける。

料理撮影/三村 健二
料理・スタイリング/近藤 幸子

ながらストレッチ&エクササイズVol.4
肩こり解消
肩甲骨ストレッチ

寒くなると気になる「肩こり」は、体が縮こまって首や肩まわりの筋肉が緊張し、血行が悪くなるのが原因。
そこで、肩甲骨を動かすストレッチで、固まった筋肉をほぐし、血流アップ。
すきま時間の習慣にすれば、肩こり予防にも!

正面を向いて座り、両ひじを曲げます。

右腕を肩甲骨からぐーっと上にのばし、左側は肩甲骨を下げます。Step 01に戻し、今度は左腕をのばします。これを繰り返します。

1セット10回。
できれば2〜3セット

動画でさらに詳しく

Play Movie

モデル/ボディメイクトレーナー
佐々木 ルミ

高校時代はバレーボールで国体優勝。その後、モデルとして国内外で活躍するも、間違ったダイエットとボディイメージから心身ともに不調に悩まされ、健康を意識。運動と食事改善で克服した経験を生かし、ボディメイクトレーナーに。全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)認定パーソナルフィットネストレーナー。

記事一覧

公式アプリはこちら
(スマートフォンからダウンロードしてね!)

Android GET IT ON Google play QRコード

アプリダウンロードはこちら(Android用)

GET IT ON Google play