美への近道は、シンプルにコツコツと Vol.2 Beauty Practice

yolo * BEAUTY you only live once. precious キレイをみがく、新習慣yolo * BEAUTY you only live once. precious キレイをみがく、新習慣
美への近道は、シンプルにコツコツと Vol.2 Beauty Talk美への近道は、シンプルにコツコツと Vol.2 Beauty Talk

身体と向き合う女性は美しい

外からも内からも“キレイなわたし”に近づくためのとっておきの方法を5回にわたってお届けします。すき間時間でできるものから、ちょっとしたメイクのコツなど、取り入れやすい“美の秘訣”が盛りだくさん。第2回目は、東京とLAでの生活を送りながら、モデルや、ヨガインストラクター、さらに旅ライターとしても活躍している渡辺由布子さんの“美を支えるライフスタイル”に迫ります。

内側からキレイになる、
とっておきの時間

幼少の頃は、水泳やジャズバレエに親しんでいたという渡辺さん。いまは、大学時代に始めたヨガ、また約5年前から続けているというランニングが“生活に欠かせない”と言います。「身体を動かすことのメリットは自分の状態を把握できること。少しでも身体を伸ばしたり、あるいは走ったりするとちょっとした不調にも気づきやすくなるので、すぐに対処ができます。たとえば、ヨガやランをしている時にいつもよりも身体が重く、疲れを感じやすければ睡眠時間をたっぷりとったり、ヘルシーな食事を意識してみたり。それが“美の芯”になるのだと思いますね」と渡辺さん。

内側からキレイになる、とっておきの時間内側からキレイになる、とっておきの時間

美と健康は、つながっている

ヨガとの出会いで、若い頃からインナービューティーの重要性を感じてきたという彼女にとって、健康でいることと美は一体だと言います。「できれば、いつでも素肌に自信のある女性でありたい。そのためにも、身体を動かし代謝を高めること、また自分の身体と向き合い、不調になる前にケアをする時間はとても大切です」。身体を動かすことを続けると、体調の変化とともに、昨日できなかったことができるようになっていたり、継続できることへの自信も身につきます。そうした内面の軸も渡辺さんの表情を明るく、そして豊かにする美しさの秘密なのかもしれません。

美と健康は、つながっている美と健康は、つながっている

いまの生活が、5年後の肌を作る

「いまの肌には5年前の生活が映し出される、とよく言われますが、とても腑に落ちていますね。というのも、30歳の頃、急にシミが増えた時期があって。自分の生活を振り返ってみると、ちょうどその5年前は、寝る間も惜しんで仕事をしていた時期。とにかく毎日忙しくて、食生活も不規則でした。外出する機会も多かったのですが、紫外線対策も隙だらけ。忙しさにかまけて、丁寧なケアができていませんでしたね」。そんな多忙な時期にもヨガは続けていたと言います。だからこそ、激務に追われても大きな不調に陥ることなく、乗り越えられたのかもしれません。けれども、その代償はお肌に……。「鏡を見て愕然としました。この体験をとおして紫外線対策の重要性を実感。その頃から、未来の自分のために、UVケアを徹底するようになりました」と渡辺さん。

お肌はもちろん、ネイルなど細かい部分にも普段から気を配っている。今回チョイスしたのは、ネイルホリック「GR 704」

お肌はもちろん、ネイルなど細かい部分にも普段から気を配っている。今回チョイスしたのは、ネイルホリック「GR 704」

キレイを作る必須条件はUV対策

キレイを作る必須条件はUV対策

キレイを作る必須条件はUV対策

最近では、ランニングの他、サーフィンやサップヨガなど屋外でのアクティビティも楽しんでいる渡辺さんにとって、「日やけ止めは、スポーツ中もこまめに塗ります。そうした時に、一番重視したいのがベタつかずに使えるもの。しっかり紫外線カットをしながらも、サラサラして使いやすいものが好きです。その点『スポーツ ビューティ』は本当に優秀」。高密着で、どんなに動いても、また汗をかいても長時間効果が続くのに、サラッとしたテクスチャーが魅力の「UVウェア (スーパーハード) N」(写真左)と、メイクの上からでも使えるスプレータイプの「UVウェア ジェル スプレー」(写真右)が渡辺さんの必携アイテム。「とくに気に入っているのが、スプレータイプ。スポーツ時の塗り直しも、ささっと簡単にできますし、髪に使えるのも、うれしいですね」。

スポーツ ビューティ「UVウェア (スーパーハード) N」(写真左)、「UVウェア ジェル スプレー」(写真右)

キレイを作る必須条件はUV対策

メイクも“ヘルシー”が、わたし流

健康的な美しさを追求し、大切にする渡辺さんのメイクのこだわりとは?「ベースメイクは、できるだけ厚塗りにならないよう心がけています。気になる箇所はていねいにムラなくカバーしながらも、素肌感が続くものが好きです。また、ポイントメイクにこだわるのも、わたしのお気に入り。とくに眉とまつ毛に力を入れています」。アイカラーやチーク、リップは控えめですが、どこか華やかさをまとって見えるのは、柔らかな印象の眉と、くるんと上向きまつ毛にあるようです。「ほぼ毎日体を動かしているわたしにとって汗で落ちやすいイメージがあったマスカラは、じつは苦手だったんです。でも“ファシオ ワンダーカール マスカラ”と出会ったおかげでメイクの楽しみが増えました。ウォータープルーフタイプで汗に強いんです。ダマになりにくいのもいいですね」。

メイクも“ヘルシー”が、わたし流メイクも“ヘルシー”が、わたし流

渡辺さんも愛用!
ナチュラルな美しさを演出するコスメ

渡辺さんも愛用!ナチュラルな美しさを演出するコスメ

渡辺さんも愛用!
ナチュラルな美しさを演出するコスメ

写真左から反時計周り)「ファシオ CC リキッド タッチプルーフ」、「ファシオ ウォータープルーフ フェイスパウダー」、「ファシオ パワフルステイ ジェルライナー」、「ファシオ イージーグラデ チーク」、「ファシオ ワンダーカール マスカラ」、「ファシオ チップトリック パウダー アイブロウ」、「ファシオ リキッドアイカラー WP」、「ファシオ フルプランプ リップエッセンスCC Ⅱ」

渡辺さんも愛用!ナチュラルな美しさを演出するコスメ
渡辺 由布子
渡辺 由布子 渡辺 由布子

渡辺 由布子

17歳から読者モデルとして「Vivi」「JJ」「non-no」など多数女性誌に出演。MBS/TBSラジオパーソナリティとして出演。大学卒業後、化粧品会社勤務を経て、ヨガインストラクターを務める傍ら、トラベルライターとして世界中を飛び回る。過去渡航した国は40カ国以上。ハワイ留学経験有り。現在は拠点をロサンゼルスに移し、東京と行き来しながらの生活を送る。恵比寿と中目黒のヨガスタジオで定期的にクラスを開講中。

https://www.instagram.com/watanabe_yuko/

Photo : Nozomi Fujimura Hair & Make-up:Harumi Ikenaga Edit & Text : Maho Someya