こちら日本橋PRECIOUS BEAUTY編集部 コスメのお仕事 密着レポート!

コスメのお仕事密着レポート

化粧品のヒミツやウラ話を盛りだくさんにお届けする「こちら日本橋 PRECIOUS BEAUTY 編集部」。
「コスメのお仕事 密着レポート!」では、商品づくりから広告の制作風景まで…
化粧品にまつわるお仕事のさまざまなトピックスをご紹介!

Beauty Specialist Beauty Specialist Beauty Specialist

“美の創造企業”として、常にコスメの機能を革新し続けるコーセー自慢の研究開発力!
それを1952年から支えてきたのが、今回ご紹介する「コーセー研究所」です。
2月16日発売予定の「エスプリーク テカリくずれ防止 化粧下地 EX」の誕生には、
この研究所の皆さんの並々ならぬ取り組みがあったと聞きつけ、編集長アオキが潜入してきました。

whats whats

新配合「耐皮脂美膜キープ成分」が、美しい化粧膜を持続。
とにかくテカらない、なのに乾かない。
つけたての肌が13時間ずーっとつづく、くずれない化粧下地です。
※13時間化粧持ちデータ取得(当社調べ。効果には個人差があります。)

新配合「耐皮脂美膜キープ成分」が、美しい化粧膜を持続。
とにかくテカらない、なのに乾かない。
つけたての肌が13時間ずーっとつづく、くずれない化粧下地です。
※13時間化粧持ちデータ取得(当社調べ。効果には個人差があります。)

ex pointer icon
ex
visit01_sp pc_visit01
visit01_tit

研究所の所在地は東京都北区。見た目は近代的なビルですが、この地に工場ができたのは1952年のこと。1956年には工場内に研究部が創設され、コーセーの技術革新が始まりました。 今日もあらたに革新的な化粧品が生み出される現場へ、いざ突撃!

visit1_sp
visit02_tit title2_sp

今回、訪ねたのは、「エスプリーク テカリくずれ防止 化粧下地 EX」開発担当の研究員 上松さん! この新製品は、コンセプト設計段階から研究所も一体となって開発がスタートしたそうですね? 「女性のいちばんの悩みってなんなのか──。通常は、研究所がコンセプトからディスカッションに参加することはないんですが、今回はコンセプトの練り出しから時間をかけました」。
導き出されたのは、テカリを抑えてかつ乾燥しない“耐皮脂美膜キープ成分”を配合した化粧下地。「冬で乾燥しているんだけどテカってしまうことってありますよね? 体は乾燥から守ろうと皮脂を出すので、それが過剰になってテカってしまうっていうことに気付いたんです。でも、成分的には真逆になるので、テカリを抑えつつ乾燥を防ぐというのは本当に難しいんです。結果的に、いつもの倍近い時間を掛けて商品化にこぎつけました」。
開発中、上松さんはプライベートでも試作品を使い続けたとか!? 「やっぱり、自分自身が実感できないと、“耐皮脂美膜キープ成分”とは謳えないと思って。コンセプトと成分がきちんとリンクしているという実感を得たくて、探索というか、試行錯誤をし続けました」。そうやって、業界最長“化粧持ち13時間”は達成されたのです!

今回、訪ねたのは、「エスプリーク テカリくずれ防止 化粧下地 EX」開発担当の研究員 上松さん! この新製品は、コンセプト設計段階から研究所も一体となって開発がスタートしたそうですね? 「女性のいちばんの悩みってなんなのか──。通常は、研究所がコンセプトからディスカッションに参加することはないんですが、今回はコンセプトの練り出しから時間をかけました」。
導き出されたのは、テカリを抑えてかつ乾燥しない“耐皮脂美膜キープ成分”を配合した化粧下地。「冬で乾燥しているんだけどテカっ

visit2_sp

てしまうことってありますよね? 体は乾燥から守ろうと皮脂を出すので、それが過剰になってテカってしまうっていうことに気付いたんです。でも、成分的には真逆になるので、テカリを抑えつつ乾燥を防ぐというのは本当に難しいんです。結果的に、いつもの倍近い時間を掛けて商品化にこぎつけました」。
開発中、上松さんはプライベートでも試作品を使い続けたとか!? 「やっぱり、自分自身が実感できないと、“耐皮脂美膜キープ成分”とは謳えないと思って。コンセプトと成分がきちんとリンクしているという実感を得たくて、探索というか、試行錯誤をし続けました」。そうやって、業界最長“化粧持ち13時間”は達成されたのです!

visit02
visit03
title3  title3_sp

さて、そんな「エスプリーク テカリくずれ防止 化粧下地 EX」をはじめ、新製品の研究が行われている実際の研究室はどんなところなのか。上松さんの案内で、いよいよ潜入!
研究室と一口に言っても、製品の品質を評価する計測室。実際の効果を観察・測定する環境試験室。
香料専門の研究室などに分かれています。メイクアイテムの研究室には、小分けにされた原料がズラリっ! 色んな組み合わせで調合しては安定性を観察したり……と繰り返して、試作品が作られます。

visit3_sp ファシオのパーフェクト アイブロウN(リキッド&パウダー)
pc_step04_tit title4_sp

製品の試作は、まず数百グラムの小スケールから作られます。納得するものが出来上がったら、今度はキロ単位のまとまった量に「スケールアップ」することで、量産の際に不具合が出ないかを確認するのだとか。
そのため、研究所内には狭山工場でも見かけた、あの攪拌釜といった量産機械のミニ版が設置されています。「ここでテストして、それでOKなら、今度は工場の数百キロレベルの釜で作られるという流れになってます」(上松さん)。

step04 visit4_sp visit4_sp
pc_step03 ファシオのパーフェクト アイブロウN(リキッド&パウダー)

研究室の見学を終えて、最後に再び、上松さんに直撃。
研究者である上松さんならではの、化粧下地の使い方のポイントって何かありますか? 「店頭で試されるとき、皆さん手の甲で試されますよね? 私たち研究員は、前腕の内側を使います。肌の面積が広くて比較しやすいですし、キメも整っているので下地の膜の感触が分かりやすいんですよ」。

ファシオのパーフェクト アイブロウN(リキッド&パウダー)
Aoki’s Voice

朝きちんとメイクしたつもりでも、午後には鼻がテカっている…ついでに頬や口のまわりは乾燥している…。
こんな経験に覚えがある女性は多いのでは? かくいう私もその1人でした。。

そんな悩みを解決すべく開発されたのが「テカリくずれ防止化粧下地EX」。
“テカらないのに、乾かない”という女性の願望をつめこんだコンセプトを打ち出し、
じっくりと時間をかけて完成した商品の開発ストーリーには、上松さんたち研究員の方々の熱意があふれていました。
使い心地や、効果の持続性を確かめるため、毎日自分で試作品を使い続けたというエピソードからも分かるように
とっても地道な試行錯誤を経て、世に生み出された商品なんですね。

悩める女性たちに救いの手を差し伸べてくれた上松さんに、
ガッチリ握手を求めたいと思います!みなさんもぜひ使って試してみてくださいね。

gototop

Back Number